2016年10月27日木曜日

車で50分かけて4人で来店、そして帰りは「ニコっ」でした。


これらの商品もうつわ村の中です。
うつわ村未来への作品集への誘い
うつわ村ホームページ

お菓子です。(一番のお客さんは、お金を払わないお父さんです。)
ふきんと小物入れです。
はし、タオルです。

2016年10月26日水曜日

振り返ってみて、、ここまでの作品並べられました!



日本伝統工芸展総裁賞受賞
    日本陶磁協会賞受賞
東京国立近代美術館所蔵
フランス国立セーブル美術館所蔵
アメリカメトロポリタン美術館所蔵
 
これらの作品の中での、お茶飲みテーブルと椅子です.
織部、棚橋淳
炻器花器、三原研
志野、加藤土代久
丹羽赤戸部、西端正
鉄釉大鉢、月白瓷、福島善三

うつわ村は作品点数200点以上の常設ギャラリーです。


2016年10月23日日曜日

「亭主は家に居ない方が良いの!」


栗原市のおばちゃん軍団の言葉でした、、。

早い話プチのお父さんの敵です、おバカです!

今日はおバカ(好感度)のお客さんと、

新聞記事での知らない人達が多い日でした。

お父さんは、怖くて茶の間で昼寝を???

そして、午後にはすぐ河原に脱走しました。
うつわ村未来への作品集への誘い
うつわ村ホームページ
 
鼠志野胡蝶蘭八角鉢
鼠志野桜文四方鉢



初めてのお客さんが、ぐい吞み6点でした。


ところで志野焼で、自然の長石ともぐさ土で、

作陶しているのは、60代までを入れて加藤土代久さん

ただ一人と聞いています。

(土が10年前で軽トラック一台100万円と聞いています。)

志野焼は、質感が優しさと温かさを与えてくれます。

薄っぺらと軽い感じは「志野もどきです。」燃えないゴミは?
うつわ村未来への作品集への誘い
うつわ村ホームページ


初来店のお客さんでした。加藤土代久2点、前田昭博、福島善三、三原研、市野雅彦、各1点


2016年10月21日金曜日

知ったかぶりは要りません、表情を感じることから始めて下さいね!



焼き物の事を知らなくても、作品表情を感じて

「ニコッと」されたら凄く嬉しいです。

それを何処かの有名作家さんの窯場に行ったとか、

言う場合は、少なくとも作品を数点求められた時に

おっしゃって下さい。

それと鼠志野作品の前で、「鼠志野は無いのか!」

と聞かれたら「バカ!」と言いたくなります。

知らなくても「ニコッと」されたら、

とにかく嬉しいですよ!!!

うつわ村未来への作品集への誘い
うつわ村ホームページ


 鼠志野ぐい吞み、一輪(徳利)

地元、河北新聞に掲載されました。


うつわ村は、(旧中新田町に有る)常設ギャラリーです。

 他町村で行う陶芸祭りの商品は、お父さんが欲しくないので有り ません。
うつわ村未来への作品集への誘い
うつわ村ホームページ

平成14年7月掲載の新聞でした、(息子です)
東京国立近代美術館所蔵作家4人
日本伝統工芸展総裁賞受賞作家2人
日本陶芸展総裁賞受賞2人
紫綬褒章受賞作家
人間国宝
 この作品郡の中で、お茶飲みお漬物です。



2016年10月20日木曜日

ぐい吞み、盃(日本陶磁協会賞受賞作家4人)


うつわ村未来への作品集への誘い
うつわ村ホームページ

備前 金重道明 伊部酒呑み

三原研、盃

市野雅彦 盃 4点




前田昭博 面取り盃 2点


福島善三 月白瓷鉋文盃


2016年10月19日水曜日

プチのお父さんを、「村長さん」?


志野ぐい吞み特集、今日追加が入りました。

ところで、どこかの県の中川さんと言う方が、
うつわ村の「村長さん」と、お父さんを呼ぶのです、

岐阜のお母さんもです?

更にところで、ぐい吞みが急になくなったので、

追加をしてもらいました、岐阜のお母さんにです?

うつわ村未来への作品集への誘い
うつわ村ホームページ

鼠志野ぐい吞み
鼠志野ぐい吞み
志野ぐい吞み
志野、かさねの色目ぐい吞み
赤志野ぐい吞み
赤志野ぐい吞み
赤志野ぐい吞み
志野、紅紫釉ぐい吞み
志野、紅紫釉ぐい吞み
志野、紅紫釉ぐい吞み


2016年10月18日火曜日

お父さんのお弟子さん(お客さん)は、優秀です!


ブログをご覧の方は、感性が乏しい方が?

多いでしょうね!うつわ村のお客さんでも

一握りの方達だけですが、優秀でした、、

プチのお父さんの厳しさのおかげです!!!

3点共同じ「加藤土代久作品」です。

花入れも、茶盌も嫁ぎました。




2016年10月16日日曜日

今日も入りました、十数点。


特に気に入り3点です。

うつわ村未来への作品集への誘い
うつわ村ホームページ

鼠志野茶盌
鼠志野紅葉文灰被り鉢
かさねの色目長皿

2016年10月13日木曜日

啓子お母さんの、赤の他人の妹です。


血縁も義理も何も無いですが、啓子お母さんの「妹」です!

今日も二人でお昼をするそうです、うつわ村には、

朝の自分の出勤前のコーヒータイムに寄ります、

名前は「FU??ちゃん」作家さん達にも知られているんですよ

そして、自分の湯呑碗をキープしていての、コーヒータイムです

19日から個展の、加藤土代久さん作品の

「紅紫釉の碗」 以前に求められた作品です。

プチのお父さんが、
「10キロ太ったろう!」

F??ちゃん
「1キロ位太ったかな?」

碗の隣は栗の渋皮煮です。
 
うつわ村未来への作品集への誘い
うつわ村ホームページ